クラブの定款

このクラブは、もと「JARL鈴鹿クラブ」ということで活動しておりましたが諸般の事情でクラブ名称の変更を行いました。理由は将来におけるアマチュア無線事情を考慮したものです。総会にて決議し、新たに「いせわんハムラジオ」として継続することとなりました。私たちのコンセプト(概念)はアマチュア無線を広く活用し快適な人生を送り、人とのつながりを通じてお互いに情報交換をしながらアマチュア無線家としてのレベルアップに努めることです。
そのためにも多くの方々にアマチュア無線を理解して頂き、またアマチュア無線の免許取得のお手伝いもやっております。既に40年近い活動があり、スローテンポではありますが確実に事業を展開しております。

また、アマチュア無線家への支援事業として三重県内に4台のレピーター(専用の中継器)を高所に設置して登録会員のみならず一般のアマチュア無線家にも広くご利用いただいております。

以下の定款(クラブの規約)は、必要が生じた場合には理事会で検討しその都度更新されます。

規約

第1章 総則

(名称)

第1条 本会は「いせわんハムラジオ」(略称:JARLいせわん)と称し、社団局JA2ZRSを開設する。

(事務局)

第2条 本会の事務局は代表者宅に置く。

(目的)

第3条 本会は会員相互の技術レベルの向上や情報交換を目的とし、あわせてアマチュア無線家としての親睦融和を図る。

(事業)

第4条 本会は前条の目的達成のため、つぎの事業を行う。

1.アマチュア無線に関するレベル向上を目的とした事業

2.広く一般社会へのアマチュア無線の普及

3.レピータ管理団体(JP2YCEおよびJP2YER・JP2YHW)の管理運営

4.その他、会員相互の親睦を目的とした事業

第2章 会員

(会員の種類および資格)

第5条 本会の会員資格は、つぎの通りとする

1)アマチュア局を開設している個人局

2)アマチュア無線に興味があり、将来アマチュア無線家を目指す者

3)当クラブ員と生計を共にする家族(家族会員)

(退会)

第7条 会員は次の場合退会したものとする。

1.退会の届出があったとき

2.総会において除名されたとき

3.一定期間以上会費の納入がなかったとき

第3章 役員

(役員および定数)

第8条 本会はつぎの役員を置く。

代表幹事(代表者) 1名

幹事 若干名

事務局 1名

会計監査 2名

(役員の選任)

第9条 役員は総会において登録会員の中から選任する。

(役員の任期)

第10条 役員の任期は2年とし再任を妨げない

(役員の職務)

第11条 代表幹事は本会を代表し、会務を総括する。

その他幹事は代表者を補佐し、場合によりその職務を代行する。

全ての幹事は、会の行う事業内容を遂行するための努力をする。

第4章 会議

(会議の種類)

第12条 本会の会議は総会および役員会とする。

(総会)

第13条 総会は年一度行うものとし、臨時総会は必要の生じたときに代表者が召集する。

総会における議長は総会の席で選出する。

第14条 総会はつぎの事項を決議する。

1)事業報告

2)会計報告

3)役員の選任

4)会則(規約・細則)の変更

5)その他

(総会の議決)

第15条 総会は出席者の過半数の承認をもって成立する。

可否同数のときは議長がこれを決定する。

第16条 役員会は必要の生じたとき代表者が召集する。

第5章 会計および会計年度

(予算)

第17条 本会の会計予算は年会費・寄付金・その他よりなる。

経費は年会費、その他をもってこれに当てる。

(会計年度)

第18条 本会の会計年度はその年の4月~翌年3月とする。

第6章 細則

(細則)

第19条 規約の実施のための細則は、役員会で決めることが出来る。

(附則)

この規約は、平成3年4月1日より実施する。

(改正)

この規約は、平成8年5月5日に改正を行う。

この規約は、平成10年5月5日に改正を行う。

この規約は、令和2年4月5日に改正を行う。


ようこそ

投稿日のカレンダー

2021年2月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

音声アーカイブス#1 八重洲無線FT101宣伝(1970)

音声アーカイブス#2 故JA1AN原JARL会長のメッセージ(1970)

最近のコメント

    メールマガジン参加

    お名前 メールアドレス

    サイト訪問者数

    太陽の活動

    error: Content is protected !!